トイレつまりで悪徳業者に騙されたときに活用したいクーリングオフ制度とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで悪徳業者に騙されたときに活用したいクーリングオフ制度とは

トイレつまりで悪徳業者に騙されたときに活用したいクーリングオフ制度とは

悪徳業者に引っかかった時の対応

外の会所から汚水が溢れ出してきた時は


トイレつまりを直す水道工事業者も悪徳が潜んでいます。
金銭的なトラブルに巻き込まれる恐れがあるため、依頼する際はしっかりと見極めることが大切ですが、万が一、悪徳業者に引っ掛かってしまったときはクーリングオフ制度を活用しましょう。
この制度は一度行った契約を解除できるもので、適用条件は特定商取引法によって規定されており、その範囲内であればトイレつまりの修理を依頼した後でも契約を解除することができます。
クーリングオフ制度が適用される期間は、8日間です。
また、トイレつまりの修理を依頼しただけにもかかわらず、便器の交換など不要なものを勧められた時にも適用されます。
水まわりのトラブルは慌てやすく、冷静な判断ができなくなる人が多いです。
すぐに直してほしいと思うものですが、便器や部品の交換を勧められたときは、本当に必要なのか疑うようにしてください。
説明を省いたり、理由が曖昧であれば依頼しないようにしましょう。
後から修理内容がおかしいと感じた時は、早めにクーリングオフ制度を利用することが大切です。

マグネット広告やチラシに要注意

マグネット広告やチラシに要注意


よく自宅のポストに水道工事業者のマグネット広告やチラシが投函されますが、記載されている金額と実際の請求額が大幅に異なるなど、不実告知や故意の事実不告知と判断される文言がある場合にもクーリングオフが適用できます。
また、依頼主に断りなく不要な作業を行ったなど説明が不十分だった場合にも適用されます。
悪徳業者はチラシやマグネット広告に格安の料金を掲載することが多く、実際に依頼してみると高額請求されたというトラブルが少なくありません。
見積もりは安くても何かと理由をつけて金額を大幅にアップさせることもあります。
その場では言い返すことができなくても、クーリングオフが適用される期間中に制度を利用してください。
このように、しっかりと対応することができれば大きなトラブルに巻き込まれることはありません。
契約解除後は業者側から損害賠償などの請求は行われないため安心です。
悪徳業者に引っかかった場合は、泣き寝入りせずにクーリングオフ制度を活用しましょう。