トイレつまりを予防する排水管の清掃頻度について

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを予防する排水管の清掃頻度について

トイレつまりを予防する排水管の清掃頻度について

高圧洗浄で排水管の内部も綺麗にしよう

高圧洗浄で排水管の内部も綺麗にしよう


トイレつまりが起きると使用できなくなる時間が発生するため、日常生活に支障をきたすことがあります。
また、重症化すると修理費も高額になるため、日頃から予防することが大切です。
便器のお掃除だけでなく排水管も定期的に清掃が必要ですが、手が届かない場所であるため、どのようにお掃除するべきかわからない人もいるのではないでしょうか。
市販の薬剤、洗剤を使用するのも一つの方法ですが、高圧洗浄がお勧めです。
高圧洗浄を行うとつまりが発生することなく、快適なトイレを維持することができます。
しかし、高圧洗浄は専門機材が必要になるため、素人では行うことが難しい作業です。
家庭用の機材も販売されていますが、高額なため業者に依頼しましょう。

どれくらいのタイミングで依頼するべき?

どれくらいのタイミングで依頼するべき?


排水管の高圧洗浄をするタイミングは、トイレの使用状況によって異なりますが、初めはお家を建ててから7、8年が目安です。
2回目以降は3〜5年ごとの頻度で行いましょう。
1回目とタイミングが異なるのは、建物自体が古くなるからです。
建物が古い状態で7、8年ごとの頻度で高圧洗浄をするのは間が空きすぎです。
そのため、2回目以降は3〜5年を目安に依頼してください。
マンションの場合も戸建と同様に排水管は汚れます。
そのため、定期的に高圧洗浄を行う必要がありますが、集合住宅は各世帯で業者に依頼するのではなく、管理組合が業者と頻度を決めていることが多いです。
毎年行っている場合もあるでしょう。
集合住宅は勝手に判断することができないため、注意が必要です。
また、排水管のつまりを経験したことがない人は、定期的に清掃をする重要性がわからず、トラブルが起きてから洗浄をお願いしようと考えている場合があるかもしれませんが、つまりが起きていなくても排水管の内部はどんどん汚れが蓄積していきます。
詰まってからでは遅いこともあるため、予防はとても大切なことなのです。
前回のメンテナンスからどれくらい期間が経っているのかわからなくなったり、うっかり忘れてしまうこともありますが、できるだけ頻度を守って高圧洗浄を依頼してみてはいかがでしょうか。