トイレつまりを頼むときに確認したい水道局指定工事店とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを頼むときに確認したい水道局指定工事店とは

トイレつまりを頼むときに確認したい水道局指定工事店とは

水道局指定工事店とは

水道局指定工事店とは


トイレつまりの修理業者は優良なところもあれば悪徳業者も存在するため、見極めた上で依頼することが大切です。
しかし、どのように見極めるのかわからない人もいるのではないでしょうか。
料金設定やアフターフォローの内容など、いくつかのチェックポイントがありますが、水道局指定工事店かどうかも確認しておきたい項目です。
よくポストに投函されているマグネットタイプの広告やHPに水道局指定工事店という文字が記載されているのを見たことがある人もいるでしょう。
給水管の修理など、ある特定の工事は各自治体の水道局が指定した指定給水装置工事事業者しか行うことができなかったり、排水管においても指定排水設備工事事業者が対応するように決められています。
このように、各自治体の水道局から指定を受けた業者が水道局指定工事店となります。

水道局指定工事店だと安心?

水道局指定工事店だと安心?


指定を受けるためにはいくつかの条件をクリアしていなければなりません。
例えば、営業所ごとに下水道排水設備工事責任技術者がいることや、工事に必要な機械、機材を所有していること、欠陥要件に該当しないことなどです。
トイレつまりの修理は水道局指定工事店ではなくても行うことができますが、指定を受けているところにお願いした方が安心だと言えます。
指定を受けているかどうかを確認する方法は、HPがお勧めです。
水道局指定工事店だと認められているところの多くはHPに記載しています。
しかし、指定を受けている業者だからといって、どこも同じように高い対応力があるわけではないということを理解しておきましょう。
全国規模の大手業者はブランド力もあり安心感がありますが、実際に作業をするのは下請け、孫請け業者であり技術力に差がある場合があります。
また、スケジュールが空いている業者を探して依頼をすることが多いため、駆けつけるまで時間がかかることも少なくありません。
トイレつまりが重症化し、便器から汚水が溢れ出しているなど一刻を争う状況の時は対応スピードも重要になってくるため、水道局指定工事店だからといって簡単に決めてしまうのは危険です。
即日対応が可能なのか、どれくらいで駆けつけてくれるのかなど確認した上で依頼することが大切です。