節水型トイレがつまりやすい原因について

トップページ > 水のトラブルについて > 節水型トイレがつまりやすい原因について

節水型トイレがつまりやすい原因について

一度に流す量が多いと詰まる

一度に流す量が多いと詰まる


節水型のトイレはつまりやすいと思っている人もいるのではないでしょうか。
これから節水型に変えようと考えている人は、つまりやすいと言われている原因を知った上で検討しましょう。
原因の一つは、サイフォンの原理が効率よく働いていないことが挙げられます。
このサイフォンの原理とは、液体で満たされている管を高い位置と低い位置の水につなげることで、高い位置の水が低い方へ移動する現象のことを言います。
一般的なトイレだけでなく、節水型にもサイフォンの原理が利用されており、その原理が効率よく働けば少ない水でもトイレットペーパーや排泄物を流すことができるようになっているのです。
しかし、一般的な便器よりも排水量が少ないため、原理がきちんと働いていても、排泄物やペーパーの使用量が多いとつまりが起きます。
日頃からペーパーを使いすぎないように対策することが大切です。
使用量が多くなってしまう人は、こまめに流すのも一つの方法です。
複数回に分けて流すようにしましょう。

適していない場合もある

適していない場合もある


ペーパー類や排泄物の量が多いわけではないのに、つまりがよく起きるという家庭は排水管が古くて節水型の便器に適していないという可能性があります。
排水管は普段から目にする場所にはないため状態を確認することが困難です。
業者に依頼してチェックしてもらいましょう。
また、お家の立地に問題があり、水圧が弱いのが原因であるケースもあります。
お家の場所は変えられないため、水圧が弱い場合は節水型から一般的な便器に交換する必要があるかもしれません。
節水型が設置できないというわけではありませんが、水圧が弱い場所で節水型を使用するためには、排水管取り替えて構造自体を改善していかなければならなくなり、費用も高額です。
便器のみを交換した方が費用を最小限に抑えられるため、そこまでこだわりがなければタンク式に戻すことを検討してみてはいかがでしょうか。
このように、いくつかの原因があります。
交換を検討している人は、お家の状況に適しているのか、問題なく使えるかどうかを確認してから判断すると安心です。