東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて

水のトラブルについて

キッチンやお風呂、トイレなど日常生活において、多くの場所で水が使われています。
当たり前に出てくる水が、水漏れやつまりなどで使えなくなった時には、普段の生活に多くの負担を強いられてしまう事になります。
また、飲食店での水のトラブルは、営業にも影響する大きな問題でしょう。
水のトラブルの原因は、設備不良や配水管の水漏れやつまり、老朽化など、予兆があるものから突然起こるものまで様々です。
万が一の時、困らないように水のトラブルについて知っておきましょう。
水のトラブルが起こる前の予兆を知っておくことで、被害も最小限に抑えることができるでしょう。
また、素人では直せない専門知識が必要な水のトラブルは、安心して依頼できる修理業者を知っておくことも大切です。

エアコンから水漏れが発生する原因の8割はドレンホース関連です。ドレンホースはエアコン室内機で発生した水分を室外に排出させますが正常に水が流れないとエアコンから水漏れが発生します。

・・・つづきはこちら

エアコンから水が出てきたとき、原因や対処法について知っておくと冷静に対処することができます。自分で解決できるケースもありますが、業者に修理を依頼しなければ直らない場合もあります。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは様々な原因で発生します。つまりが悪化し、使用できないほどトイレがつまると日常生活に影響を与えるため、トイレに流してはいけない異物について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

キッチンの水漏れにも様々な原因があります。キッチンの水漏れの多くは、蛇口やシャワーホースからの水漏れと、シンク下の排水ホースからの水漏れです。原因や解消方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは様々な原因があり、症状も異なります。症状がみられたときは、完全につまっていなくてもつまりやすい状態になっている可能性があるため、業者に修理依頼をすることが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。トイレのつまりが発生する原因は主に2つです。水に溶けるものでも一度に大量に流してしまうとつまってしまいます。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは自分で修理ができる場合と業者に依頼しなければ直らない場合があります。排水口や排水管に水に溶けない異物が詰まっている、排水管が劣化している時は業者に依頼してください。

・・・つづきはこちら

突然のトイレのつまりで困った時には、自分で試せる方法があります。直し方は主に6つありますが、試してみてもトイレのつまりが直らない場合は、業者に依頼してください。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが発生した時、業者に修理を依頼するべきか、自分で修理をするべきか迷うため、見極め方を知っておく必要があります。原因がわからない場合は業者に依頼すると安心です。

・・・つづきはこちら

自分で修理できないトイレのつまりは業者に依頼しますが、業者選びは注意が必要です。中には、悪徳業者も存在するため、失敗しないためにも業者の選び方のポイントを知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

最近では節水トイレを設置している家庭も多いです。節約志向の人にとって嬉しいトイレですが、水量が少ないため使用方法を間違えるとつまりやすいです。対処法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは、つまっているものを無理に流せば良いというものではありません。やってはいけない事もあります。やってはいけない事を知った上で悪化する前に業者に修理を依頼して下さい。

・・・つづきはこちら

トイレがつまったときの修理時間はつまり具合によって異なります。短時間で修理できるものであれば、数時間かかることもあるため、症状が重度になる前に業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

深夜にトイレつまりが発生すると慌てるものですが、間違った判断をしないように冷静になって対処することが大切です。朝まで待てないのであれば、深夜でも対応してくれる業者を探しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりを直す道具には様々なものがありますが、その中でも最も有名で代表的なのはスッポンではないでしょうか。正しい方法で行わなければ意味がないため、使い方を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレットペーパーが原因で便器つまりを引き起こすことが多いです。対処法は、お湯を使うことです。レバーを回して一気に流そうとしてはいけません。悪化する危険性があります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりを業者に依頼したときの費用や相場について知っておくことが大切です。地域や業者によって相場が違うことや多少の差はありますが、大まかな目安を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりなどは修理に手間やお金がかかるため、トラブルが発生しないように対策をしておきたいものです。つまりを起こさないためにも誰でもできる予防策について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

高齢者や幼児のいる家庭では紙おむつを頻繁に使います。基本的に処分する際はゴミ箱に捨てますが、トイレに流したり落としてしまうこともあるでしょう。つまりの原因になるため対処が必要です。

・・・つづきはこちら

トイレからの異音はつまりのサインかもしれません。それぞれ原因が異なり、対応方法も違ってきます。放置すると悪化する危険性があるため、まずは異音の種類と原因について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが起きると普段と水の量が違うことがあります。便器の蓋を閉めてから水を流していると気がつかないこともありますが、変化に気づいて早めに対処することが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが発生する原因の一つに固形物があります。固形物が原因のトイレつまりをどのように対処するかというと、無理せずに業者を呼ぶことです。無理に対処しようとすると悪化します。

・・・つづきはこちら

和式トイレのつまりは、洋式と同様に早い段階で対処しなければなりません。洋式よりもつまりにくい構造になっていますが、詰まることがあるため、解決方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりの原因の一つに尿石があります。尿石は尿が固まったもので、通常の汚れとは異なり、簡単なお掃除では取り除けません。尿石の対処方法で最も効果的なのは薬剤です。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが頻繁に起きるときや、すっぽんやワイヤーを使っても解決しない場合は汚水管に原因があるかもしれません。素人では対処できないトラブルの可能性があるため業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが頻繁に発生し、困っている人もいるのではないでしょうか。業者に依頼するとすぐに解決しますが、頻度が増えてきた場合は原因をしっかり探って対処したり予防することが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが発生して大変な思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。トラブルが起きる前に解決できれば、大変な思いをすることもないため、前兆を見抜いて早めに対処しましょう。

・・・つづきはこちら

家庭にある針金のハンガーさえあれば、軽度のトイレつまりを直すことができます。加工方法や使い方を知っておきましょう。水に溶けるもの以外には効果がないため、注意してください。

・・・つづきはこちら

トイレつまりはどの家庭でも起こる可能性があり、すぐに業者に連絡しなければならないと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、原因によっては放置で直ることがあります。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりを対処する方法はたくさんありますが、お湯を使った解消法も効果的です。お湯を流すだけで改善される誰でもできる簡単な方法ですが、注意点を知った上で試してみてください。

・・・つづきはこちら

猫砂をトイレに流して処分している人が多いですが、つまりの原因になるためできるだけ可燃ゴミとして捨てるようにしてください。軽度のつまりであれば、塩とスッポンを使うと効果的です。

・・・つづきはこちら

体調不良の時、トイレで吐いている人が多いのではないでしょうか。便器に吐けば嘔吐物を流すだけで簡単に処理ができますが、それが原因でつまりを起こすことがあるため注意してください。

・・・つづきはこちら

トイレの水が流れにくいと感じた時は、つまりを引き起こしている可能性が高いですが、どこにトラブルが発生しているのか判断しにくいでしょう。特につまりやすい場所は2つあります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが起きると便器から汚水が溢れて床が汚れ張り替えが必要になることや、被害が拡大する恐れがあります。どの家庭でも起こり得ることですが、対策をしていれば防ぐことが可能です。

・・・つづきはこちら

これまでトラブルが起きたことがなかったのに、リフォーム後に流れが悪くなったり水位が高くなるといったトイレつまりの症状が出るようになった時は主に3つの原因が考えられます。

・・・つづきはこちら

胃の検査時にバリウムを飲むことがありますが、排出時に起きるトイレつまりに気をつけてください。付着し続けると見た目が悪くなり臭いの原因にもなるため対処法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

子どものいる家庭ではトイレつまりが起きやすいです。トイレットペーパーを大量に流すのも原因になります。思わぬ行動によって問題が起きることも多いため、早い段階で手を打っておきましょう。

・・・つづきはこちら

冬はトイレがつまりやすくなると感じる人もいるでしょう。それは排泄物が気温の低下によって氷のように硬くなるからです。気温の低下が原因であれば、お湯を使って常温に戻せば解決します。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは様々な原因が考えられますが、どのようなものがトラブルを引き起こしているのかわからないこともあるでしょう。その場合は、症状からある程度特定できます。

・・・つづきはこちら

なぜトイレつまりが起きるのかわからない人もいるのではないでしょうか。専門的な知識がなければわからないこともありますが、仕組みを知っていればトラブルを回避したり、対処ができます。

・・・つづきはこちら

トイレつまりは日用品で解決することがあります。スッポンなどの道具がない家庭は、わざわざ買いに行かなくても日用品で代用できれば、手間が省けます。方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりを直すポイントは的確に判断することです。間違えた判断は症状を悪化させる危険性があるため、正しく状況を見極めて適切な方法でトイレつまりを直す必要があります。

・・・つづきはこちら

すっぽんはトイレのつまりを直す定番アイテムですが、場合によっては悪化させる原因となるため注意が必要です。すっぽんを使ったことで悪化するつまりは、水に溶けないものが原因だった時です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは放置すると自然に解消されると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。放置して直る原因もありますが、全てのケースに通用する訳ではないため気をつけてください。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは軽度であればすぐに直りますが、重症化すると便器から溢れ出すこともあります。被害を拡大させないために、溢れ出すトイレつまりの対応について知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが発生し、水が流れにくくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。原因によって対処方法が異なるため、トイレのつまりを直すためには原因の特定をする必要があります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりには様々な原因がありますが、1番多いのは意外な理由だったりもします。知らずに行っていることもあるため、1番の原因になっているものを知り、日頃から気をつけましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりを直す道具といえば、スッポンをイメージする人が多いですが、薬品を使って直す方法もあります。薬剤を使った方法は排水口に注ぐだけであるため、誰でもチャレンジしやすいです。

・・・つづきはこちら

家庭内で節水対策をしている人も多いのではないでしょうか。必要以上に水を使わないようにすることはとても大切ですがトイレつまりを引き起こすこともあるため、要注意です。

・・・つづきはこちら

トイレがつまる原因には偶然に起こりうる事故によるつまりと、経年劣化の配水管の故障によるものがあります。つまりの解消は業者に依頼することが確実な解決と再発の防止につながります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりの初期症状には便器に水があふれる、タンク中から水が全く出ない、ボコボコと音がする、という症状があります。自分で応急処置程度は可能ですが、業者に相談するのが確実です。

・・・つづきはこちら

トイレがつまる原因には偶然に起こりうる事故によるつまりと、経年劣化の配水管の故障によるものがあります。つまりの解消は業者に依頼することが確実な解決と再発の防止につながります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりは食器用洗剤で解消することができます。原因によっては効果がない時もありますが、水に溶けるモノであれば溶かして解消できます。方法も簡単であるためチャレンジしてみましょう。

・・・つづきはこちら

トイレがつまりを引き起こすと便器内の水が全く流れていかず、溢れ出しそうになりますが、逆に水位が下がるのも危険な場合があります。水位が下がる原因を知り、適切に対処する必要があります。

・・・つづきはこちら

トイレつまりはいくつかの対処法があります。どの方法を用いるかは、つまりの原因によって異なるため、まずは何が原因かを特定しなければなりません。心配な時は業者に連絡しましょう。

・・・つづきはこちら