トイレつまりが起こる仕組みとは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりが起こる仕組みとは

トイレつまりが起こる仕組みとは

《目に見えない場所の知識を身につけよう》

《目に見えない場所の知識を身につけよう》


なぜトイレがつまりを起こすのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。
専門的な知識がなければわからないこともありますが、トイレの中の仕組みを知っていればトラブルを回避したり、対処したりすることができます。
逆に仕組みを知らずにつまりを直そうとしたり、間違った使い方をしたりすると重症化する恐れもあるため、基本的な知識は身につけておくべきです。
トイレの便器はシンプルな形に見えますが、排水管はいくつかの曲線や上り坂があり、それを乗り越えて下水に流れていきます。
一般的なタイプはS字に曲がっていて、その部分に水が溜まるようになっており、大量のペーパー類や排泄物、硬くて重たいものを流すと引っかかって流れにくくなるのです。
このようなトラブルを防ぐためには一気に流さず、分けてレバーを回したり、重たくて硬い固形物は流したりしないように気をつけなければなりません。
水溜りは下水からの臭いや害虫を防ぐための重要な役割がありますが、不具合が起きないように使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

《水の勢いが足りないこともある》

《水の勢いが足りないこともある》


排水管はとても長く、下水までかなりの距離があります。
その距離を水の勢いだけで汚物などを流していかなければなりませんが、最近の便器は節水タイプなど少量の水だけで流れるようにつくられています。
十分な水量でつくられていますが、流す量が多いと途中で滞ってしまうことも少なくありません。
また、節水のためにタンクの中に水を入れたペットボトルを入れている人もいるのではないでしょうか。
少ない量で設計されているものをさらに重りを使って減らすと、勢いが弱くなり下水まで汚物が流れていきません。
節水することは大切なことですが、この方法は間違っているため、別の方法で節水をしなければ、トラブルが繰り返し起こるでしょう。
築年数に関係なく設計に問題があるケースがありますが、このように仕組みを理解していれば、つまりが起きるリスクを軽減させることができます。
気をつけていてもトラブルが起きることがあるため、自分で直せないと判断したら早い段階で業者に修理を依頼してください。