症状からトイレつまりの原因を特定する方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 症状からトイレつまりの原因を特定する方法とは

症状からトイレつまりの原因を特定する方法とは

《軽度のうちに対処しよう》

《軽度のうちに対処しよう》


トイレのつまりは様々な原因が考えられますが、排水管の中は目で確認することができないためどのようなものがトラブルを引き起こしているのかわからないこともあるでしょう。
その場合は、症状から特定できるかもしれません。
完璧に特定することは難しいですが、絞りこむことができます。
例えば、水が徐々に引いていくような症状であれば、比較的軽度でトイレットペーパーの流しすぎや排泄物、尿石などが原因の可能性が高いです。
排水管の中に付着して滞っていると、隙間が狭くなり水が流れにくくなっている状態です。
このような場合は、溶けない異物が引っかかっている可能性は低いため、重曹やクエン酸、お湯を注いで溶かしたり、尿石専用の除去剤を使う、スッポンで押し流したりすると解消されます。
軽度のうちに対処しておくことが大切です。

《中度と重度の場合は危険》

《中度と重度の場合は危険》


水が逆流したり、ゴボゴボといった音が聞こえたりする場合は、少しつまり具合が進行している状態です。
トイレに流しても問題がないお掃除シートや猫砂が原因の可能性があります。
お掃除シートは自然と溶けていきますが、猫砂は塩を少量入れると効果的です。
塩を入れる時は、効きやすいように水位を減らした状態で入れてください。
入れた後は1時間ほど放置をしましょう。
一度解消することができても、処分方法を変えなければ再発するため、流せる系のグッズは流さずに別の方法で処分することをお勧めします。
特に猫砂は水分を含むと粘土のように固まったり、膨張したりするため注意しなければなりません。
完全に流れない、便器から溢れてきた場合は重症化している可能性があります。
溶けないものが排水管の中で引っかかり、さらに排泄物や紙類が絡み合って大きな塊となっているかもしれません。
逆流していればパイプ内の隙間が完全になくなってしまっている証拠であるため、異物を取り除く必要があります。
このように症状からつまりの原因を特定することができますが、判断を間違ってしまうケースもあります。
素人では判断することができない場合もあるため、不安な場合や対処法を試してみても改善しない時は業者に依頼してください。