冬にトイレがつまりやすくなる理由とは

トップページ > 水のトラブルについて > 冬にトイレがつまりやすくなる理由とは

冬にトイレがつまりやすくなる理由とは

《なぜトラブルが起きやすくなる?》

《なぜトラブルが起きやすくなる?》


冬になるとトイレがつまりやすくなると感じる人もいるでしょう。
雪が積もる地域では冬場になるとトイレのトラブルが多く発生します。
その理由は排泄物が気温の低下によって氷のように硬くなるからです。
この理由がわかれば、適切な対処法がわかってきます。
気温低下によって固まったものは、常温に戻せばいいのです。
どのように常温に戻すかというと、お湯を使います。
特別な道具も不要であるため、簡単に直すことができるでしょう。
バケツなどに入れたお湯をゆっくりトイレに注ぎ、しばらく放置します。
すぐにでもつまりを解消させたいものですが、ポイントはじっくり時間をかけて様子を見ることです。
お湯を注いだからといってすぐに溶けていくわけではなく、時間と共に自然と柔らかくほぐれていきます。
朝に注いだのであれば昼頃になると改善されている可能性が高いです。

《注意しなければならないこと》

《注意しなければならないこと》


簡単な対処法ですが、注意しなければならないことがあります。
それは、お湯の温度です。
寒さによって固まったものは熱湯の方が効果的だというイメージがありますが、必ず60度以下にしてください。
冷水に近い温度では意味がないため、40度以上は必要ですがあまりにも熱すぎると便器を傷める可能性があります。
特に室内も寒くなる冬場は温度差が生じやすくなり、それによって便器が割れてしまうこともあるのです。
つまりを直すためにやったことが逆に被害を拡大させる原因となるため、適温を守ってください。
また、溢れ出しそうなほど水位が上がっている時はバケツや不要なペットボトルで減らしておきましょう。
なぜなら、溜まっている水によってお湯の温度が下がり、効果が半減してしまうからです。
また、注いだことで溢れ出てくることもあるため、水位を減らしておかなければなりません。
他には、注いだときに汚水が飛び散ることもあるため、周囲に置いてある汚れてはいけないものを移動させたり、ブルーシートや新聞紙を敷いたりと養生しておくといいでしょう。
このような方法でも改善されない時は、他の原因も考えられるため業者に調査や修理を依頼してください。