東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 子どものいる家庭で多いトイレつまりの原因とは

子どものいる家庭で多いトイレつまりの原因とは

《おもちゃを便器に突っ込む》

日頃から気をつけよう

子どものいる家庭ではつまりなどのトイレトラブルが起きやすいです。
自分一人でできるようになるまでは保護者が付き添いをしますが、一人でできるようになった後も油断できません。
なぜなら、子どもがおもちゃを便器に流すことがあるからです。
トイレを嫌がらないようにおもちゃを置いていたりすることもあるでしょう。
また、保護者が気づかないうちに持ち込んでいることがあります。
持ち込んだおもちゃを誤って落とすこともありますが、いたずらで突っ込むこともあるのです。
排水路に通らないほど大きなものであれば流れていく事はありませんが、フィギュアや小さなお人形などが入り込むと簡単には取り出せないため注意しなければなりません。
中には、親に秘密でこっそり食べたお菓子の包み紙を流して証拠隠滅しようとする場合があります。
何度も水を流すと重度のつまりにつながるため、流してはいけないものだと教えることが大切です。
万が一、流してしまった時は取り除くしかありません。
奥へ入り込んでしまった時は業者に連絡をして除去してもらう必要があります。

《溶けるものでも要注意》

家庭ごみとして処分

トイレットペーパーを大量に流すのもつまりの原因になります。
大人でもたくさん使うのが癖になっている人もいますが、大量に引き出して遊んでいる場合は気をつけてください。
溶けるように作られていますが、一気に流すと大きな塊となって溶けにくくなります。
出来るだけ子どもの手が届かない場所に置いてください。
お尻ふきが置いてる場合も要注意です。
基本的に溶けるものであればスッポンやお湯を使って簡単に直すことができます。
お湯を使うときは便器を傷めないようにぬるま湯を使ってください。
このように様々な原因でトラブルが発生することがありますが、対処するまでの時間も重要です。
後から修理を依頼しようと、放置してしまうと詰まっている状態でウォシュレットのボタンを連打したりタンクの中におもちゃを入れたりするなど、余計に悪化する行動をされてしまうかもしれません。
思わぬ行動によって問題が起きることも多いため、原因がわかったら早い段階で手を打っておくことが大切です。