東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > リフォームをしてトイレがつまりやすくなった原因とは

リフォームをしてトイレがつまりやすくなった原因とは

《リフォーム後に使いにくくなった時は》

日頃から気をつけよう

リフォームをしたことでトイレがつまりやすくなったと感じている人もいるのではないでしょうか。
これまでトラブルが起きたことがなかったのに、リフォーム後に流れが悪くなったり水位が高くなったりするといった症状が出るようになった時は主に3つの原因が考えられます。
一つは工事ミスです。
単に便器を交換するだけであれば、それほど難しい工事ではないため不具合が起きる事はありません。
しかし、工事を担当する者が技術力不足だった場合はミスが起きやすく、つまりなどのトラブルにつながる傾向にあります。
これは担当者や施工会社に問題があるため、修理はその会社が行うべきですが対応を渋ることや、やり直しても何も解決しないケースがあるようです。
その場合は他社にお願いするしかありません。

《気をつけたい節水型》

家庭ごみとして処分

二つ目の原因は節水タイプのトイレの使い方が間違っていることです。
リフォームをした際に最新の種類や節水型を取り入れる家庭が多いですが、これまでと同じ使い方をしていると不具合が起きる場合があります。
例えば、一度に大量の汚物を流すなどです。
どのトイレも一度に大量の汚物を流すのは詰まる原因になりますが、特に節水型は流れる水の量が少ないため注意しなければなりません。
大量に使う癖がついている人は使用量を見直したり、複数回に分けて流したりするようにしてください。
少し気をつけるだけでリスクを軽減できます。
三つ目は排水管の勾配不良です。
これは一戸建て住宅に多い問題で、地面の中に埋まっている排水管が地盤沈下や変形することによって動いてしまうことがあります。
動くと傾斜角度が変わって勾配が逆になることで水平になり、スムーズに流れなくなってしまうのです。
特に節水タイプは水量が不足してつまりやすくなります。
改善するには大掛かりな工事が必要になるため、このようなことが起きないように事前に排水管の点検が欠かせません。
他にも排水管に汚れが付着して流れにくくなることもあります。
素人ではどこに不具合が起きているか判断できない場合があるため、調査や修理は業者にお願いしましょう。