東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを起こさないための対策とは

トイレつまりを起こさないための対策とは

日頃から気をつけよう

日頃から気をつけよう

トイレトラブルの一つにつまりがありますが、できるだけ避けたいものでしょう。
便器から汚水が溢れ出てくると床が汚れるだけでなく、悪臭や床が浸水して張り替えが必要になるなど被害が拡大する恐れがあり、修理費も莫大になる可能性があります。
どの家庭でも起こり得るトイレつまりですが、日頃から対策をしていれば防ぐことが可能です。
トラブルが発生してからでは遅いため、まだ経験したことがないという人も今日から対策をしてみてはいかがでしょうか。
対策の一つは、流してはいけないものは便器に流さないようにすることです。
当たり前のことですが、意外にできていない人が多いようです。
例えば、ティッシュもトイレットペーパー同様に溶けると思って流してしまうことや、便器で嘔吐するなどが挙げられます。
基本的に水に溶けないものは流してはいけません。
特に、嘔吐物は排泄物と同じように流しても問題がないイメージがある人もいるでしょう。
しかし、嘔吐物は消化されていないため排泄物よりも溶けにくく、さらに油を含んでいてベトベトと排水管に付着します。
残飯も同じく便器に流さず、家庭ごみとして処分してください。

家庭ごみとして処分

家庭ごみとして処分

流せる用品もできるだけ家庭ごみとして捨てることも対策の一つです。
例えば、猫砂やお掃除シートです。
適量であれば問題ありませんが、一度に大量に流してしまうとつまります。
特に猫砂は水分を含むと粘土のように大きな塊となるため、排水管を塞いでしまうのです。
便利な処分方法ですが、他の方法で捨てるように心がけてください。
他には、水量に注意する必要があります。
節水のために、大便をしても「小」で流していたり、タンクの中にペットボトルを入れて過度に調節している家庭もあるでしょう。
水量が足りないと下水まで押し流すことができないため、気をつけなければなりません。
このように、日頃から気をつけて使っていても問題が発生する場合があります。
その時は水道工事業者に修理を依頼しましょう。
できるだけ早い段階で依頼すると、簡単に直すことができ費用も抑えることが可能です。
無理に自分で直そうとせずにプロの力に頼ってみてはいかがでしょうか。