東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりが起きやすい場所とは

トイレつまりが起きやすい場所とは

どこでトラブルが起きるのか

どこでトラブルが起きるのか

トイレの水が流れにくいと感じた時は、つまりを引き起こしている可能性が高いですが、単に流れが悪いだけだと、どこにトラブルが発生しているのか判断しにくいでしょう。
見た目はシンプルですが便器は複雑な構造をしており、排水路の奥はいくつかの曲線があって、その部分で滞ってしまうことがあるのです。
特につまりやすい場所は2つあります。
一つは、排水路から流れて最初に水が乗り越える「せき」という場所です。
下降するのではなく、少し高さを設けて作られています。
水量が足りないときや、トイレットペーパーや排泄物が絡み合って大きな塊となったものや重たい異物は、登っていくことができずに引っかかってしまうのです。
排水路のすぐ奥に「せき」がありますが、手の届く場所ではないため、詰まったときはスッポンなどの道具を使って押し流したり、お湯を注いで溶けやすくさせる必要があります。
しかし、溶けないものが原因の時はお湯を流しても意味がなく、物理的に取り除かなければならないため、押し流すような対処法はしてはいけません。
業者に連絡をして取り除いてもらいましょう。

2つ目の箇所

2つ目の箇所

つまりやすいもう一つの場所は、下水に流れていく直前の部分です。
「せき」を通過したら下へ落ちて浅い窪みにたどり着きます。
その部分は水たまりがあり、水に溶けないままの大きな塊が滞りやすいです。
スッポンで無理に「せき」を通過させることができても、水たまり部分に引っかかってしまうと詰まったままです。
この箇所も手が届かないため、便器を取り外して取り除く必要性が出てきます。
しかし、溶けるものであればお湯を注いだり、スッポンが効果的です。
自分で直すことができないと判断した時は、水道工事業者に連絡をしましょう。
溶けないものが原因の時は、トイレットペーパーや排泄物と絡み合って重度のトラブルを招く危険性があり、その分修理費も高額になります。
いずれ流れていくだろうと放置する人もいますが、悪化すると便器から汚水が溢れ出てきて床が浸水し、張り替えが必要になるケースもあるのです。
できるだけ早い段階で業者に直してもらうことが大切です。