東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 嘔吐物が原因でトイレがつまったときの対処法とは

嘔吐物が原因でトイレがつまったときの対処法とは

当たり前だと思っていたことが実は危険

当たり前だと思っていたことが実は危険

風邪やウイルス、つわりなど様々な原因で体調不良となり嘔吐してしまうことがありますが、トイレで吐いている人が多いのではないでしょうか。
便器に吐けば嘔吐物を流すだけで簡単に処理ができます。
しかし、それが原因でつまりを起こすことがあるのです。
居酒屋などでも詰まって店員さんが困っている様子を見たことがある人もいるでしょう。
消化されていない食べ物は排泄物のよりも水に溶けにくく、ペーパーなどと絡まって下水にたどり着く前に滞ってしまいます。
油も含んでおり、ベタベタとしてスムーズに流れていきません。
そのため、できるだけ別の方法で処理してください。
例えば、機内で用意されている耐水性のある紙袋や洗面器にゴミ袋を張って、その中に新聞紙やティッシュなどを入れて使うなどが挙げられます。
トイレに行くまで間に合わない可能性を考えて、このような方法を実践している人もいるはずですが、多くの人は処理が最も簡単な便器を使うことが多いです。

どう直す?

どう直す?

突然の吐き気にトイレに直行する場合もあるでしょう。
一回きりであれば嘔吐物が原因でつまりを起こす可能性は低いですが、過食嘔吐やつわりなど1日になんども便器に吐いている場合は注意してください。
また、1度に大量の吐瀉物を流すのもつまりやすいです。
水回りトラブルが起きないように予防をすることはもちろん、大切なことですが嘔吐物が詰まった時の対処法についても知っておきましょう。
まず可能な範囲で取り除きます。
小さなバケツやペットボトルを切って、すくうように取り除いてみてください。
ある程度取り除いたらラバーカップを使って押し流していきます。
ラバーカップは水位が足りないと効果がないため、カップ部分が浸る程度に水量を調節するのがポイントです。
ラバーカップを使うと水面に吐瀉物などが浮いてくるため、再度取り除いてください。
この作業を数回繰り返すと改善されますが、重度の場合は直らない可能性が高いため、水道工事業者に修理を依頼しましょう。
無理に直そうとすると余計に悪化するため、タイミングを見極めることが大切です。