東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 猫砂が原因でトイレつまりを起こしたときには

猫砂が原因でトイレつまりを起こしたときには

できるだけ可燃ゴミとして処分しよう

専用の道具がなくても大丈夫

ペットを飼っている家庭では、ペット専用のトイレを用意していることが多いです。
よく使われているのが猫砂ですが、どのように処分しているのでしょう。
最も簡単な処分方法は自宅のトイレに流すことです。
しかし、このように処理しているとつまりを引き起こす可能性があるため気をつけなければなりません。
商品のパッケージには家庭用便器に捨てても問題ないと書いてあっても、できるだけ可燃ゴミとして捨てることをおすすめします。
なぜ、流してもいいと書かれている猫砂が原因でつまりが起きるのか気になる人もいるのではないでしょうか。
商品によって性質が異なりますが、多くは水分を含むと固まるように作られています。
これは飼い主さんが捨てやすいように考慮されて作られいるのですが、当然、トイレの中にも水が含まれておりそれに反応して粘土のように固まってしまうのです。
そのことを知らずに一度の大量に流すと、排水路の奥で大きな塊となり、水や排泄物が通る道が塞がれてしまって下水まで落ちていかないという問題が発生します。

塩を加えるとより効果的

加工の仕方と使い方

猫砂が原因でつまりがおきた時の一般的な対処法は、スッポンです。
流してはいけないと記載があるものは、取り除かなければなりませんが問題ないものは押し流す対処法を試してみてください。
また、スッポンを使うときは周囲が汚れてしまわないように、ビニールシートを敷いて養生しておくといいでしょう。
そして、浮いているものはできるだけすくい取ってください。
使わないバケツや、灯油ポンプで除去すると手が汚れません。
次に塩を入れます。
塩を入れることで流動性が改善されるため、スッポンを使った時の効果が高くなるのです。
量の目安は水500ccに対して大さじ3杯です。
あまりにも大量に入れると排水管が劣化し、他のトラブルを招く原因になるため注意してください。
少し加えることでドロドロに固まったものがサラサラになり、押し流しやすくなります。
しかし、完全に詰まって逆流してきている場合は自分でなおすのは困難です。
下手に手を出すことはせず、業者に水道工事を依頼してください。