東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > お湯を使ったトイレつまりの解消方法とは

お湯を使ったトイレつまりの解消方法とは

道具がなくても直せる?

専用の道具がなくても大丈夫

トイレのつまりを対処する方法はたくさんあります。
定番なのはすっぽんではないでしょうか。
和式用、洋式用があったりキッチンの排水口用に作られているものがあります。
詰まっているものを圧を利用して押し流す方法で、コツを掴むと簡単にトラブルを解決できますが、中には常備していないという家庭もあるでしょう。
特に、これまでつまりを経験してこなかった人は持っていないことが多いです。
ホームセンターなどでも購入できるため、いざという時に備えておきたいものですが、道具がなくてもなおす方法を知っておくと慌てなくて済みます。
道具なしでできる解消法は、お湯です。
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
これは誰にでもできる簡単な解消法ですが、ただトイレに流せばいいというわけではありません。
注意点もあるため、やり方や気をつけるべきポイントを知った上で試してみてください。

注意点も知っておこう

加工の仕方と使い方

大まかな流れは、便器の排水路に注いでしばらく放置し、確認するだけです。
バケツなどにお湯を入れて流すことになりますが、この時に熱湯は流さないでください。
トイレ本体は陶器で出来ており、熱湯に触れると膨張してヒビが入ってしまう恐れがあるからです。
温度が高い方が効果的なイメージがありますが、破損につながる可能性があるということを知っておきましょう。
良かれと思ってやったことが逆効果となり、本体の交換をしなければならなくなって余計な出費が発生することがないように40度から60度の温度を守ってください。
特に、冬場は温度差によって割れやすくなります。
また、確認するときはバケツに水を入れて少しずつ注ぐことた重要です。
いきなりレバーを引いたりボタンで流すと、万が一、つまりが改善されていない時に逆流して汚水が溢れ出てくることがあります。
改善されていなかった時のことを考えて、バケツやペットボトルから少しずつ注いでください。
もう一つの注意点は、この解消法は溶けるものが原因の時だけにしか使えないということです。
溶けないように作られているものはお湯を流したところで何も変わりません。
業者に修理をしてもらう必要があります。