東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 放置して良いトイレつまりの症状とは

放置して良いトイレつまりの症状とは

時間をおけば改善する原因とは

専用の道具がなくても大丈夫

トイレがつまり、流れが悪くなることがあります。
このトラブルはどの家庭でも起こる可能性があり、すぐに業者に連絡しなければならないと思っている人が多いのではないでしょうか。
しかし、原因によっては放置していれば自然と直っていることがあるのです。
逆に放っておいた方が直るのに余計な処置をして悪化させることがないように、どんな場合が放置しいていいのか知っておきましょう。
一つは、トイレットペーパーを流しすぎたことによってつまりがおきた時です。
日頃から大量に使う癖がある人も多いため、自覚している人もいるはずです。
水に溶けるように作られており、便器に流しても問題がありませんが、あまりにも多い量を一度に流すと溶けにくくなり水の流れが悪くなることがあります。
しかし、元々は溶ける特質があるため、時間が経てば勝手に解消されてるケースも少なくありません。
3時間ほど放っておいても改善されていないようであれば、業者に連絡しなければなりませんが、まずは時間をおいてみてはいかがでしょうか。

注意点も知っておこう

加工の仕方と使い方

流せるお掃除シートも水に溶けるように作られているので問題ありません。
しかし、中には可燃ゴミとして処分しなければならないものもあるため、しっかりとパッケージや説明書きを見て判断することが大切です。
また、トイレットペーパーほど溶けやすいものではないため、半日以上様子を見て業者に依頼するべきか決めてみてください。
半日以上も使えないのは困るという場合には、すぐに直してもらった方がいいでしょう。
もちろん、排泄物がつまりの原因の時も放置して大丈夫です。
3時間ほどを目安に様子をみて、それでも解消されていなければ別の手段を考えた方がいいかもしれません。
臭いや排泄物が便器の水たまり部分に浮いていると他人に見られるのは恥ずかしいものですが、この場合もすぐに直して欲しければ水道工事をしてもらいましょう。
排泄物と勘違いされやすい嘔吐物は胃の中で消化されていないものであるため、基本的には便器で処理してはいけません。
放っておいても改善されないケースが多いため、注意してください。