東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりをハンガーで解消する方法とは

トイレつまりをハンガーで解消する方法とは

専用の道具がなくても大丈夫

専用の道具がなくても大丈夫

トイレつまりを直す道具はホームセンターなどでも販売されているため、比較的手に入りやすいです。
どの家庭も起こる可能性のあるトラブルですが、経験したことがない人は、人ごとのように思っているのではないでしょうか。
いざ、トイレつまりが起きた時に慌ててしまい間違った対処をしてしまうことも少なくありません。
間違った方法で直そうとすると余計に悪化します。
そのため、道具がなくても解決する方法を知っておくことが大切です。
道具を使わない解決の仕方にも様々な方法がありますが、一つはハンガーです。
家庭にある針金のハンガーさえあれば、軽度のトイレつまりを直すことができます。
万が一の時に備えて、加工の仕方や使い方を知っておきましょう。

加工の仕方と使い方

加工の仕方と使い方

針金ハンガーの加工方法は簡単です。
長く真っ直ぐになるように伸ばし、先端部分に輪っかを作るだけです。
加工する際に、手を切る可能性があるため注意してください。
手が痛い時は革の手袋などを着用するといいでしょう。
形を整えたら、輪っかを作った部分を排水路の奥へ挿入します。
丸くしなくても構いませんが、先端を曲げることで便器や排水管を傷めずに済みます。
差し込んだら細かく、上下左右に動かして異物をほぐしていきましょう。
小さくなるように崩すイメージです。
分解したらあとはバケツに水を汲んで流し込みます。
いきなりレバーを回すと、もし分解されていない場合に便器から汚水が溢れてくるため、必ずバケツを使って流してください。
また、水に溶けるものが引っかかっている場合のみ有効な手法です。
溶けない固形物は取り除かなければならないため、押し込むような行為はしてはいけません。
このやり方を知っていれば、使用頻度が少ないワイヤーブラシやスッポンを買うよりも手軽です。
試してみてはいかがでしょうか。
しかし、何度か試してみて解決しないようであれば水道工事の業者に連絡をしてください。
少し連絡が遅くなるだけでも、症状が進行して大掛かりな修理が必要になるかもしれません。
できるだけ早い段階で判断をすることが大切です。