東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレがつまる前兆を知っておこう

トイレがつまる前兆を知っておこう

流れが悪い

流れが悪い

突然、全く流れなくなるトイレのつまりに大変な思いをしたことがある人も少なくありませんが、トラブルが発生する前に解決できれば、このような思いをすることがありません。
修理費も最小限で済むでしょう。
そのため、前兆を見抜いて早めに手を打つことが重要です。
また、ほとんどの場合は突然、つまりが起きるわけではありません。
流れがスムーズではなかったり、溢れそうなほどまで上がった水位が徐々に引いていったり、異音がするなどの前兆があるのです。
流れがスムーズではないときは、排水管のどこかに何かが滞っている可能性があります。
トイレットペーパーや水に溶ける掃除シート、排泄物を一度にたくさん流したなど、心当たりがある場合はすっぽんを使うと効果的です。
この道具はホームセンターでも販売されているため、1つは常備しておくことをおすすめします。
また、40度から60度程度のお湯を排水路にめがけて注ぎ、しばらく放置するのも効果的な方法です。
これでも対処できない場合は重症化していることが考えられるため、業者に修理を依頼してください。

水位と音

水位と音

便器から溢れ出しそうなほど上がった水位が徐々に引いて行く場合も、間違いなく目に見えないところで何かが引っかかっています。
流しきってしまおうと、何度もレバーを回してしまう人が多いですが、これをすると余計に症状が悪化するため、してはいけません。
異音は深刻な問題にまで発展している恐れがあります。
排水管など手の届かないところで問題が起きていることもあるため、解体作業など大掛かりな修理になるかもしれません。
素人がパイプを外したり便器の着脱をすると、水漏れや破損につながることがあるため、下手に触らないようにしましょう。
このようにトイレつまりには前兆があります。
普段から使った後に少し様子を見て、異常がないかをチェックすることを習慣にしてみてはいかがでしょうか。
また、少しおかしいと思ったときは放置せずにすぐ対処することが、重症化させずに済むポイントです。
原因不明、様々な対処法を試したけど変わらない場合は迷わず業者に連絡をしてください。