東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりが頻繁に起こるときの対処法とは

トイレつまりが頻繁に起こるときの対処法とは

繰り返し起こる場合は

繰り返し起こる場合は

トイレつまりが頻繁に発生し、困っている人もいるのではないでしょうか。
水まわりのトラブルは水道工事の業者に依頼するとすぐに解決しますが、頻度が増えてきた場合は原因をしっかり探って対処し、予防することが大切です。
頻繁に起きるトイレつまりの原因は、排泄物やペーパーの量に対して流れる水量が足りない、勢いが弱い、建物の上層部に住んでいる、過剰な節水対策、便器が古いなどが挙げられます。
ペーパーや排泄物が排水管まで流れていかずに途中で滞っている場合は水量が足りていない可能性があります。
これを対処するには、タンク内を調査してみてください。
ボールタップや浮き玉、フロートバルブなどのパーツに異常があるかもしれません。
元の位置に戻したり、劣化しているパーツがあれば新しいものに交換しなければ再びつまります。
水の勢いが弱い時は、タンク内の水が少ないことや、構造的に水圧不足がおきていることが考えられます。
上層部に住んでいる場合も1階と比べて水圧が低くなり、さらにタンクレストイレを使っていると勢いが足りずに詰まるでしょう。
この問題は業者に相談しなければ解決しません。

当てはまる人は要注意

当てはまる人は要注意

過剰な節水対策をしている人も多いのではないでしょうか。
タンク内に水を入れたペットボトルを入れて水量を調節していたり、便を流す時も「小」を使っていたりすると途中で止まってしまい、どんどん蓄積されて重症化します。
便器は適切な水量が流れるように作られているため、過剰な節水はやめてください。
また、配管の寿命は15〜20年です。
便器が壊れていなくても配管が古いとパイプが変形し陥没して構造が変わっていることも少なくありません。
そのため、築15年以上のお家に住んでいる人はリフォームなども検討しなければならないでしょう。
他にも、ペーパーの流しすぎや、よくモノを落とす場合も詰まる原因として挙げられます。
重症化すると自分で対処することができません。
頻繁にトラブルが起きると費用的にも負担がかかり、生活面でもストレスです。
使い方を見直し、業者と相談しながら改善してみてはいかがでしょうか。