東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 汚水管のつまりによるトイレのトラブル

汚水管のつまりによるトイレのトラブル

確認してみよう

確認してみよう

トイレつまりが頻繁に起きるときや、すっぽんやワイヤーを使っても解決しない場合は、汚水管に原因があるかもしれません。
汚水管のつまりが疑わしいときは、溢れている桝ではなく下流にある桝を探してください。
道路と敷地の境目にある公設桝と原因のある桝の位置で、下流の方がどこにあるのか判断することができますが、素人では発見することが難しいでしょう。
どこにあるのかわからない時は、業者に調査を依頼すると安心です。
自分で探すことができたら、汚水が流れているインバートにスコップなどを刺して、つまりを起こしているものが本管に流れていかないように遮断してください。
中はとても汚いため、棒などを使ってどこにモノがあるのかを探します。
その際に、髪の毛や洋服に臭いがつくことがあるため要注意です。
1つの桝で見つからなかった時は、上流の方を確認しましょう。
汚水管に問題が発生した時は、下流側のパイプと接続部分に原因がある可能性が高いため、下流側に向けて突っついてみてください。
棒がない時は、13mmほどのビニール管を用意して突っつくと効果的です。
ビニール管はホームセンターでも販売されており、手に入りやすいはずです。

わからない時は水道工事のプロに相談

わからない時は水道工事のプロに相談

何が詰まっているのかわからない時や見つからなかった時は、他の箇所にトラブルが発生しているかもしれません。
下流の桝をチェックした時にインバートが破損していないか、ザラザラしていないか、木の根が入り込んでいないか、穴が空いている箇所はないか、なども確認してみてください。
一つでも当てはまるものがあれば、素人では解決することができないため業者に依頼するしかありません。
他にもトイレトラブルが起きる可能性があります。
自分で解決できるトラブルもあればプロの力を借りなければ対処できない問題も少なくありません。
トイレは素人では直せないことも多いため、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。
素人が下手に手を出すと症状が悪化する恐れがあります。
簡単に直るものでも間違った方法を用いると重症化することもあるため、早いうちに相談することが大切です。