東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 尿石を溶かしてトイレのつまりを解決

尿石を溶かしてトイレのつまりを解決

簡単に落ちない汚れ

簡単に落ちない汚れ

尿石は尿が固まったものですが、これがトイレつまりの原因になることがあります。
その理由は、カルシウムが含まれており、空気や水など結びつくと石のように硬くなって、こびりつくからです。
これは、通常の汚れとは異なり、簡単なお掃除では取り除けません。
排水管に付着したまま長期間放置するとトイレつまりに発展するため、できるだけ早い段階で綺麗にする必要があります。
最初は小さく、気にならない程度であっても放置し続けていると、細かい穴が大量に空いて、どんどん尿を吸収し、肥大していきます。
それだけでなく、雑菌が増殖するため異臭が発生して、お掃除をしても臭いが取れなくなってしまうのです。
特に、男性用の小便器は気をつけなければなりません。
つまりやすい構造をしており、流れる水量も水洗便所と比べると少ないため、トラブルに繋がりやすいという特徴があります。
節水には効果的ですが、詰まって修理費がかかる可能性があります。
定期的に対処をして予防してください。

おすすめの対処法

おすすめの対処法

尿石の対処方法で効果的なのは薬剤です。 ネットや市販でも手に入りやすいため、日々のお掃除グッズとして一つは常備しておきたいものです。
初めて使用する場合は、固体よりも液体の方が使いやすいでしょう。
薬剤には様々な種類があり、種類によって使い方も多少違う点がありますが、トイレに流し込んで除去するという方法は、ほとんど一緒です。
パッケージや説明書に書かれている規定の時間を放置してください。
放置する時間が長くなればその分、得られる効果が高いようなイメージがありますが、陶器で出来ている便器を傷めるリスクがあるため、必ず規定時間を守らなければなりません。
そのあとは水を流して解消されたことを確認しますが、バケツで少しずつゆっくりと流すようにしてください。
薬剤を使った方法で尿石が除去できないときは業者を呼びましょう。
まだ大丈夫だと放置していると重症化します。
最悪の場合、本体を取り替えなければなりません。
そうなると修理費に加えて便器代も発生するため高額になるため、早いうちに手を打つことが大切です。