東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 和式トイレがつまったときの解決方法とは

和式トイレがつまったときの解決方法とは

なぜ詰まるのか

なぜ詰まるのか

和式トイレを使っている人もいるのではないでしょうか。
最近では洋式が主流になっていますが、古民家が好きな人は、あえて昔のままにしていることも少なくありません。
しかし、古いトイレはつまりやすい傾向にあるため、注意しましょう。
つまりが発生した時は、洋式と同じように対処する必要があります。
トラブルが起きたまま放置すると症状が悪化し、便器から汚水が溢れ出てくるかもしれません。
まだ詰まっていないという人も、古い和式を使っている場合は、トラブルが起きた時のことを考えて対処法を知っておくことが大切です。
まず、和式トイレがどんなことが原因で詰まるのかを知っておかなければなりません。
構造上、排水管が太めに設計されており、タンクで節水しながら水を流すこともないため、洋式よりもつまりにくいとされています。
しかし、大量にペーパーや排泄物を一気に流したり、本来流してはいけないものを落としたりした時などが詰まる原因となります。
普段から紙の使用量が多い場合などは気をつけなければなりません。

対処法について

対処法について

水に溶けるものが原因の場合はすっぽんを使うと効果的です。
すっぽんには2つタイプがあるため、必ず和式用を使ってください。
口の部分が丸くなっており、平らな形状が特徴です。
すっぽんを使った解決方法の手順は、まず便器から汚水が飛び散らないようにゴミ袋に穴を開けて、持ち手部分を通します。
また、水の中でなければ効果が発揮されないため、水位が低い場合はバケツで増やしておきましょう。
ゴムの部分が全て使っている状態が好ましいです。
逆に高すぎる場合は、汲み取っておいてください。
準備が整ったら排水口に当ててゆっくりと限界まで押し込み、角度を変えないまま思いっきりひっぱります。
真空でなければ意味がないため、隙間ができないように注意しましょう。
この方法を用いると解決しますが、この方法でも解決しない場合や水に溶けないものが原因のときは水道工事業者に連絡をしてください。
無理に作業を続けると悪化する可能性があります。
便器の交換についても相談してみてはいかがでしょうか。