東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 固形物が原因でトイレがつまったときの対処法とは

固形物が原因でトイレがつまったときの対処法とは

誤って落とした

誤って落とした

トイレつまりが発生する原因の一つは固形物です。
例えば、ボールペンやスマホ、メガネなどが挙げられます。
便器の水が引いていかないときは、これらがどこかで引っかかっている可能性があります。
固形物が原因のトイレつまりをどのように対処するかというと、無理せずに業者を呼んでください。
トイレに落としてすぐに気がつけば、汚れないようにゴム手袋をはめて便器に手を突っ込んで取り除けますが、気づかないまま流してしまう事例も少なくありません。
特にピアスやカード類、ボールペンなどの小さいものは落としても気づきにくいです。
水を流すと排水管の奥へと進んでいき、手を突っ込んでも届きません。
その場合は、分解して取り除かなければならないため業者の力に頼らなければならなくなるのです。
掃除道具などで押し込むと取り出せなくなって破損につながるかもしれません。
また、このような道具を使って流れたとしても目では確認できない場所で滞り、いずれ深刻なつまりを招く原因となります。
そうなると大規模な作業になり修理費も高額になるため、無理に取り出すことはやめてください。

桝を確認してみよう

桝を確認してみよう

固形物を落としたかどうかわからないケースもあるでしょう。
問題が生じている様子もなく、普段通りに水が流れるケースがあります。
その際は、汚水桝を確認してください。
汚水桝の蓋を開けたときに中がそれほど汚れていないときは便器で引っかかっている可能性が考えられます。
排水路は屈折しており、その位置に滞っている場合があるため、手が届かなければすぐに業者を呼びましょう。
重症化していると、高圧洗浄を使って押し出す作業をします。
対処している時に落ちたものがバラバラになったり衝撃が加わって無事ではない場合が多いです。
取り出すことはできますが、スマホやメガネなどは綺麗な形で手元に戻らないだろうという覚悟をしておくとそれほどショックを受けないかもしれません。
比較的浅いところであれば拾い出せるでしょう。
どのような形で戻ってくるかはわかりませんが、まずはプロに対処をお願いしてみてはいかがでしょうか。