東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレがつまって水の量がいつもと違う場合には

トイレがつまって水の量がいつもと違う場合には

流した後にチェックしてみよう

流した後にチェックしてみよう

トイレつまりが起きると普段と水の量が違うことがあります。
便器の蓋を閉めてから水を流していると気がつかないこともありますが、変化に気がつければ軽度のうちに対処することができるため、これからチェックするようにしてみてはいかがでしょうか。
場合によっては完全に詰まっていないこともあります。
例えば、一度水位が高くなって元に戻るケースです。
最終的に元に戻る場合はつまりの前兆であるため、見逃さないようにしてください。
放置しても直ることはなく、悪化する危険性があります。
水の量が少ない場合は、便器の奥かタンクのどちらかに問題が発生しているため、まずはどちらにトラブルが起きているのかを調査しなければなりません。
調査の仕方は、バケツで水を入れて、正しい位置まで溜まるかどうかです。
溜まる場合はタンクから流れてくる水が少なく、タンクや止水栓を調べてみましょう。
水位が上がらないときはそれ以外に様々な原因があります。

早めに対処することが大切

早めに対処することが大切

水位が上がったまま全く引く気配がないときは、完全に詰まっている状態だと言えます。
排水溝の奥で異物が滞っていると、その原因を取り除かなければ解決しません。
溶けるものであれば、一度溜まっている水を汲み取ってお湯や重曹、クエン酸を注ぐと徐々にほぐれて流れやすくなりますが、それ以外のものは除去する必要があります。
手で引っ張り出すが、道具を使って引っ掛けて取り出しましょう。
奥へ進んで手や道具では意味がないケースも少なくありません。
その場合は、トイレの着脱をして対処します。
素人が着脱作業をすると隙間ができたり、パーツの締めが緩くて水漏れトラブルを招く原因になるため、プロにお願いしてください。
このように水の量でトイレつまりが起きているかどうかを判断することができます。
原因がわからないときや、自分で対処できない場合は業者に連絡しましょう。
無理矢理何とかしようとすると、便器から汚水が溢れ出てきて被害が拡大する恐れがあります。
そのようなことがないように、できるだけ早い段階で業者に修理を依頼してください。