東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレの異音がつまりのサインになる

トイレの異音がつまりのサインになる?

様々な種類がある

様々な種類がある

トイレから普段聞かない異音があったときはつまりのサインかもしれません。
どのように聞こえてきたかによってつまりの原因が異なり、対応方法も違ってきます。
放置すると悪化する危険性があるため、まずは異音の種類と原因について知っておきましょう。
一つはトイレの外側から発生する「ポタポタ」や「シュー」です。
これは給湯や配管などの設備にトラブルが発生している可能性があります。
これらは自分で確認することが難しいため、業者に調査を依頼しなければなりません。
「ゴンッ」や「ガンッ」という叩いたようなものも同様に給湯や配管に問題があります。
このような衝撃音はウォーターハンマー現象と言い、急激な水圧の変化によって起こりますが、放置するととても危険です。
いずれ水道管が破裂し、大規模な工事が必要になるでしょう。
早めに業者に連絡をしてください。

聞き分けてみよう

聞き分けてみよう

タンクから「コポコポ」と聞こえてきたときは排水管や排水路に何かが詰まっていることが考えられます。
そのため、タンクではなく便器や管の点検が必要です。
「シュー」という音はタンク内の部品が破損している可能性があるため、一度蓋を開けてそれぞれのパーツに異常がないか確認してみてください。
ボールタップやフロートバルブ、浮き玉は自分で交換することも可能ですが、適切な型があり、選ぶ際に失敗するケースも多いです。
部品選びに自信がない人は業者に相談しましょう。
トイレの水を流した時に「ゴボゴボ」という異音はつまりのサインです。
異常がなければ「ジャー」という普段通りに聞こえるはずですが、水に空気が混ざると「ゴボゴボ」と聞こえます。
空気が混ざる原因は異物が引っかかっている証拠です。
ペーパーやお掃除シート、アクセサリー、ボールペン、スマホなどを便器に落とすと配管の奥で滞っている可能性があります。
ペーパーなどを流しすぎていないか、異物を落としてしまっていないか確認しましょう。
このようなサインを見逃さないように、水を流すときは注意深くチェックしてみてはいかがでしょうか。
違和感があるときにすぐプロに連絡すると症状も軽度で修理も簡単に済みます。