東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 紙おむつが原因でトイレがつまったときには

紙おむつが原因でトイレがつまったときには

してはいけないこと


高齢者や幼児のいる家庭では、紙おむつを頻繁に使います。
基本的に処分する際はゴミ箱に捨てますが、中には知らずにトイレに流したり誤って落としてしまうこともあるでしょう。
また、子どもがいたずらで便器に突っ込んでしまうケースもあります。
紙おむつはトイレットペーパーと違って水に溶けません。
溶けるどころか水分を含んで膨張し、つまりを発生させる原因となるため扱い方には注意が必要です。
どんなに気をつけていても、自分以外が流してしまう可能性があるため、つまりが起きた時の対処法について知っておくと慌てずに済みます。
一番してはいけないことは、ラバーカップやパイプクリーナーを使って無理やり流そうとすることです。
目に見えないほど奥へ進むと解消したかのように思えますが、流れた訳ではなく奥に滞っている状態なので、汚れやペーパー類と絡み合っていずれ完全につまります。
完全に詰まると素人では対処できません。
業者に頼むと直してくれますが、取り出すために便器の着脱が必要になることや、大掛かりな修理をしなければならず、費用も高くなります。
紙おむつは無理やり流さないようにしてください。

正しい方法とは

トイレに流した紙おむつの正しい対処法は、取り出すことです。
落ちてしまっただけなら奥へ進んでいないため、手を便器に突っ込んで引っ張りだすことができるでしょう。
手を汚したくない、汚いというイメージがありますが、大きめのゴミ袋で手を覆ったり、肘まであるゴム手袋を使ったりすると汚れる心配はありません。
また、成功のカギは時間です。
できるだけ早く取り出さなければ症状が悪化するため、放置せず、すぐに作業に取り掛かりましょう。
自分で直せない、紙おむつを取り出せないと判断したときも迷わずに業者に連絡してください。
便器の着脱が必要な作業であれば2万から3万円程度で済むはずです。
洋式か和式か、一戸建てか集合住宅か、何階かにトイレがあるかによっても異なります。
また、料金は業者によって差があり、状態を見て見積もりを出さなければ正確な金額はわかりません。
そのため、まずはお問い合わせをしてみてください。