東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを起こさないための予防策とは

トイレつまりを起こさないための予防策とは

問題が起きる前に対策をしよう


トイレつまりが起きた時には、軽度でも自分で直す必要や、重度だと業者に依頼しなければ改善されません。
できるだけトラブルが発生しないように対策をしておきたいものです。
つまりを起こさないためにも、誰でもできる予防策について知って起きましょう。
まず、トイレに流してはいけないものを把握しておく必要があります。
問題ないと思っていたものが詰まらせる原因だったりもします。
例えば、残飯です。
嘔吐物は仕方ないですが、カップラーメンやお弁当の残りをトイレに流すのはやめましょう。
固形物は水に溶けず、油を含む食品は配管の中で固まってしまうからです。
生ゴミやシンクで適切に処分するようにしてください。
また、タバコの吸い殻も危険です。
タバコの臭いを少しでも軽減させようと換気扇のついているトイレで吸って、そのまま便器に捨てる人がいますが、トイレに流してはいけません。
また、盲点なのが流しても問題がないように作られているお掃除グッズや猫砂です。
溶けるように作られていますが、完全に溶けるわけではありません。
一気に大量に流すと詰まるため、できるだけゴミ箱に捨ててください。
これらを流さないようにするだけで予防策になります。

今日からできる対策

トイレつまりを起こさないためには、ペーパーの流し方にも注意しましょう。
大量に流すと、つまりの原因となります。
こまめにレバーを回し、使う量に気をつけましょう。
使いすぎないようにするとペーパーの減りも遅くなるため、日用品にかかる費用も抑えられるはずです。
また、トイレットペーパーをダブルからシングルに変えるだけで、トラブルが発生するリスクを軽減させることができます。
できるだけ無駄なものを便器周辺に置かないようにするのも予防策の一つです。
おしゃれな空間にしようと、ちょっとした装飾品を置いてコーディネートしている人もいますが、ふとした拍子で落ちることや、地震などのきっかけで便器の中に落ちてしまう可能性があります。
置くのであれば排水口に引っかかる大きさを選ぶようにしましょう。
排水口に引っかかれば、水で流しても奥へ進まないため手で取り除けます。
このようなことに気をつけることで、トイレつまりの予防に繋がるのです。