東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレがつまったときの費用と相場について

トイレがつまったときの費用と相場について

目安を知ろう


トイレつまりが発生した時、自分で直すか業者に依頼するか迷うものです。
できるだけお金をかけたくないため、直せるのであれば自分で対処したいと考えるでしょう。
自分で対処する場合は、ラバーカップなどの道具や、重曹やクエン酸などの薬剤の購入費だけで済みます。
しかし、間違った方法で行なってしまうと、つまり具合が悪化して、結果的にプロに頼らなければならなくなる可能性も考えなければなりません。
悪化させてしまうと、大掛かりな修理が必要になってしまうこともあり、費用も高額になります。
そのため、自分でなんとかしようとする前に判断をしてください。
また、業者に依頼したときの費用や相場について知識を身につけおくことも大切です。
地域によって相場が違い企業によって差はありますが、大まかにどれくらいのお金がかかるのか知っておきましょう。

内訳とその金額

水道工事業者に依頼したときの総額費用は、おおよそ1万5000円から5万だとされています。
状況にもよりますが、自分で修理作業をしてみた結果、改善できないと判断しプロにお願いした場合の料金だと思っておきましょう。
素人でも直せる簡単なトイレつまりであれば、5000円から1万ほどです。
間違った対処をしたことで悪化したときは、4万5000円から5万円と高額になります。
これは、大体の相場であるため目安程度にしておいてください。
基本的に料金の内訳は、出張費、作業費、材料費で構成されています。
出張費や作業費が無料の場合もありますが、高くても8000円以内です。
材料費はフロートバブルやボールタップ、ボルト、パッキンなど、買い替えが必要な時に発生します。
安いものだと数百円ほどで、高いものだと1万円程度です。
さらに修理内容によってそれぞれ異なる料金が設定されています。
例えば、原因を取り出すだけであれば5000円から3万円となり、トイレの便器を着脱しなければならない時は5万円ほど、高圧洗浄機を使う場合は1万5000円から4万5000円です。
高圧洗浄は戸建てと集合住宅で差があり、集合住宅の方が高い傾向にあります。 まずは、見積もりを依頼して詳細の金額を提示してもらいましょう。