東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレットペーパーが原因のトイレのつまりの対処法とは

トイレットペーパーが原因のトイレのつまりの対処法とは

溶ける紙でも詰まる


トイレットペーパーが原因で便器つまりを引き起こすことが多いです。
流しても問題がないものなのに、なぜつまりを起こすかわからない人も多いのではないでしょうか。
水に溶けるようにつくられていますが、量が多すぎると溶けきらずに奥で滞ってしまうのが原因です。
一度の使用量が適切かどうか、一度見直して見てください。
1ヶ月の平均は一人当たり3、4ロールですが、それ以上使っているのであれば少し控える努力が必要になるでしょう。
改善すると詰まらなくなるかもしれません。
購入費の節約にもなるため、今日から実践してみてはいかがでしょうか。
また、ダブルのトイレットペーパーは要注意です。
半ロールほどを一度に流すとつまります。
シングルは1ロールです。
大量に流さなければならない時は数回に分けることをおすすめします。
中には、海外メーカーを使っている人もいるでしょう。
日本製とは異なり、溶けないようにつくられているものもあるため注意してください。

どうやって直す?

トイレットペーパーが詰まった時の対処法は、お湯を使うことです。
レバーを回して一気に流そうとしてはいけません。
悪化する危険性があります。
水位が高い場合は、溢れないようにバケツなどで汲み取っておきましょう。
最初からお湯を注ぐのではなく、まずは水を流し入れてください。
また水を汲み取って水位を下げてからお湯を注ぎます。
40〜60度が適温です。
冷めないうちに便器に入れます。
そのあとは1時間ほど放置してください。
そうすると、どんどんふやけていくため、それが流れれば完了です。
1度では解消されないことも少なくないため、何度か試してみてください。
それでも直らない時は、スッポンを使ってみましょう。
排水口にゆっくりと押し込んで密閉し、空気が入らないように一気に引っ張ると圧力で解消される可能性があります。
それ以外では真空式パイプクリーナーを使う方法があります。
道具を使っても自分で対処ができない場合は、業者に修理を依頼しましょう。
業者はプロであるため、すぐに対処してくれるでしょう。