東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのつまりをスッポンで直すときの正しい方法とは

トイレのつまりをスッポンで直すときの正しい方法とは

代表的な道具


トイレのつまりを直す道具は様々なものがありますが、その中でも最も有名で代表的なのはスッポンではないでしょうか。
ラバーカップとも呼ばれており、圧力を利用して直すアイテムです。
何度もつまりを経験している人は、自宅に常備しているでしょう。
しかし、初めて使うという場合は、どのように扱うと効果的なのかわからなかったり、間違った方法を行ってしまうかもしれません。
正しい方法で行わなければ時間の無駄になるだけであるため、使い方を知っておくことが大切です。
使い慣れている人も確認してみてください。
まずはじめに、スッポンの選び方についてですが、和式用と洋式用があるため、自宅のトイレのタイプに合わせて適切な方を選びましょう。
出っ張りがあるものが洋式用、ないものが和式用です。
形にあったものを選ばなければ正しい使い方をしても効果が薄れるため、注意してください。

どのように使う?

便器の排水口にゴムの部分を密着させてゆっくりと押し込み、限界まで押したら角度を変えずに勢いよく引っ張るのが正しい方法です。
よくあるのは、つまりを押し流そうと何度も早く押したり引いたりすることです。
これは間違った使い方であるため、意味がありません。
それだけでなく、悪化する危険性があります。
排水管を傷めたり、中途半端に異物が奥へ進んでしまい簡単に直せないほど悪化するかもしれません。
押し込むのが目的ではなく、引っ張って圧力で流すということが大切だと覚えておきましょう。
どのように扱うのかがわかったら、手順を確認していきます。
まずは、ビニール袋の真ん中に穴を開けてスッポンを通し、手が汚れないように準備してください。
トイレの水位が上がっている場合は、バケツなどで汲んで下げておきます。
準備が整ったら、排水溝に密着させて押し込み、勢いよく引っ張る作業を何度か繰り返してみましょう。
解消されたかどうかを確認する時は、レバーを回して流すのでななくほかのバケツに汲んで流すようにしてください。
レバーを回すと汚水が溢れ出てくる可能性があるため注意しなければなりません。
それでも解決しない場合は業者に修理を依頼することをおすすめします。