東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの修理にかかる時間とは

トイレつまりの修理にかかる時間とは

トイレがつまったときは落ち着いて判断しよう


トイレがつまったとき、自分で対処することができない場合には、業者に依頼をしなければ直りません。
修理を依頼するときに、時間を気にする人もいるのではないでしょうか。
例えば、出かける用事があるため早く修理してもらいたい、早く使いたいなどです。
トイレは毎日使用するものであるため、できるだけ早く直してもらいたいものです。
業者によって修理時間は異なりますが、目安を知っておきましょう。
一般的に、修理時間はつまり具合によって異なります。
症状がひどく、大掛かりな修理が必要な場合はその分時間がかかります。
逆に、簡単に解消できるものであれば、数十分で終わるはずです。
最も、修理時間が短いつまりの原因はトイレットペーパーです。
トイレットペーパーは水に溶けるため、取り除くのではなく押し流す修理を行います。
スッポンよりも威力のあるローポンプを使うと15分程度でつまったものが流れていくでしょう。
ローポンプ以外にはお湯や薬剤を使う方法があります。
その場合は、30〜45分ほどの時間が必要です。

重度になると1〜3時間はかかる

重度のつまりの修理は、最低でも1時間から3時間はかかるでしょう。
特に、水に溶けないものが原因である場合は、修理も大掛かりになる傾向にあります。
大掛かりな修理となればその分、料金も高額になります。
基本的に水に溶けにないものは流してはいけません。
そのため、トイレに流してはいけないものが原因だった場合は、便器の着脱を行い、高圧洗浄をする必要があります。
高圧洗浄は1、2時間かかるでしょう。
また、トイレとつながっている下水から汚物が逆流しているときは、さらに大掛かりな修理をしなければならないため、3時間はかかります。
一般的なつまり具合であれば1時間程度で直るとされているため、症状が悪化する前に業者に依頼するのがポイントです。
自分で直すことができない原因だと知らずに、修理作業を続けていると時間だけでなく無駄な労力もかかることになります。
費用はかかりますが、軽度のつまりであれば短時間、低価格でなおすことができるため、早いうちに業者に依頼しましょう。