東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレがつまったときにやってはいけない事とは

トイレがつまったときにやってはいけない事とは

トイレがつまったときは落ち着いて判断しよう


トイレが突然つまってしまった時、ほとんどの人が慌ててしまうでしょう。
何度も経験していれば、適切に対処することができ、症状によって業者に依頼すべきか判断することができるはずです。
しかし、初めてトイレのつまりトラブルが発生したという場合は、どのように対処したら良いのかわからず、無理に直そうとする人も少なくありません。
トイレのつまりは、つまっているものを無理に流せば良いというものではありません。
やってはいけない事もあるのです。
万が一、やってはいけない事をしてしまうと、軽度のつまりが悪化し、簡単に直らなくなることがあるため、注意して下さい。
適切に対処するためにも、やってはいけない事について知っておきましょう。

やってはいけない事とは

水に溶けないものを落としてしまったときのやってはいけない事は、水で流そうとすることと、道具を使って奥へ押し込もうとすることです。
基本的に、水に溶けないものがつまったときは、取り出さなければなりません。
排水溝の手前に落ちた場合などは、手で取り出すことができるでしょう。
しかし、奥へ進んでしまい手で取り出すことができないようときには、業者に依頼するしかありません。
レバーを回したり、バケツに水をくんで流したりすると、つまっているものがさらに奥へ進みます。
スッポンやパイプクリーナーも使わないで下さい。
排水溝で滞っていれば比較的簡単に取り出すことができますが、排水管や排水枡など奥へ進むと大掛かりな修理が必要です。
便器の着脱が必要な修理になると、費用も高くなります。
そのため、自分で取り出すことができないつまりだと判断したら、自分で直してみるのではなく、早い段階で業者に相談することが大切です。
また、トイレットペーパーなど水に溶けるものが原因であっても、症状がひどい場合は自分で何とかしようとせずに業者に依頼した方が安心です。
お湯やクエン酸、重曹を使うと、溶けてつまりが解消されることもありますが、重度になると自分では直すことができなくなります。
悪化する前に業者に修理を依頼して下さい。