東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 節水トイレがつまったときの対処法とは

節水トイレがつまったときの対処法とは

節水トイレはつまりやすい?


近年、トイレの機能性が向上したため、これまで1回で13〜20リットル使用していた水の量が4〜6リットルほどで済むようになりました。
少量でしっかり流すことができる節水トイレは、水道料金の節約に効果的であるため、設置している家庭も多いのではないでしょうか。
特に、新築の一戸建てやマンションで節水トイレが設置されているケースが増えてきています。
節約志向の人にとっては、とても嬉しいトイレですが、使用方法を間違えると、つまることもあるため注意が必要です。
実際に節水トイレは、つまりやすいというイメージを持っている人も少なくありません。
しかし、水の使用量が少ないからトイレつまりを起こすのではなく、適切に使えていないことが原因です。
例えば、さらに節水するためにトイレタンクの中にペットボトルを入れて使用している場合や、1度に流すトイレットペーパーの量が多いなどが原因として挙げられます。
注意していてもつまることがあるため、対処法を知っておくことが大切です。

道具と水を流すだけの簡単な対処法

節水トイレのつまりをなおす方法の一つは、スッポンです。
ラバーカップとも言いますが、トイレ用のスッポンを使うと簡単につまりを解消させることができます。
ポイントは、節水トイレ用のスッポンを選ぶことです。
形状が異なるため通常のスッポンを使うと、対処できないことがあります。
先端のゴム部分に帽子のツバのようなものが付いているスッポンを選びましょう。
道具がない場合はバケツを使ってみてください。
バケツに水を入れて高い位置から排水溝めがけて流し入れると、勢いでつまりが解消されることがあるのです。
しかし、トイレットペーパーなど水に溶けるものが原因のみに使える対処法です。
水に溶けない異物が原因でつまっている場合は、逆効果になることもあります。
つまりが悪化し、床にまで汚水が溢れてくると被害が拡大するため、必ず水に溶けるものが原因である場合だけに試してみて下さい。
道具や水を流してもなおらないときは業者に依頼するとスムーズです。
修理費はかかりますが、症状が悪化する前に依頼しましょう。