東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのつまりで業者に修理を依頼したほうが良い場合とは

トイレのつまりで業者に修理を依頼したほうが良い場合とは?

業者に依頼した方が良い場合の判断

突然のトイレのつまりトラブルが発生した時、業者に修理を依頼するべきか、自分で修理をするべきか迷う人も多いのではないでしょうか。
様々な直し方の情報がありますが、自己判断で修理することができないトイレのつまりを無理に直そうとすると、症状が悪化して大掛かりな修理作業が必要となり、修理費が高くなってしまうことも少なくありません。
そのため、トイレのつまりで業者に依頼した方が良い場合について知り、見極めることが大切です。
見極めるポイントは、トイレの便器の排水口や排水管に、水には溶けない異物がつまっているときや、排水管が劣化していることです。
このような場合は、自分で修理することができないため、業者に依頼してください。
また、お湯を流したりラバーカップを使ってもトイレのつまりが解消されない場合は、異物がつまっていたり、排水管が劣化して水がスムーズに流れない可能性が高いです。

異物や原因がわからない場合は業者に依頼しよう

水に溶けない異物が奥へ進んでしまった場合も業者に修理を依頼してください。
取り除こうと便器を取り外す人がいますが、適切に元に戻さなければ水漏れの原因になります。
最悪の場合、トイレ本体を壊してしまうこともあります。
トイレ本体が破損すると、便器を新しいものに交換しなければならなくなり、修理費が高額になるため注意が必要です。
また、トイレの便器から水が溢れ出して床が水浸しになると、マンションやアパートの場合、下階に迷惑をかけてしまうこともあります。
被害が拡大する前に業者に依頼をすることが大切です。
トイレつまりの原因が特定できない場合も業者に依頼した方が良いでしょう。
原因がトイレットペーパーを大量に流してしまったことや、ペンやスマホなどを落としてしまったなど、分かっている場合には自分で対処することもできますが、原因がわからないまま修理作業をすると、逆効果になる可能性があります。
そのため、原因がわからない場合に自分で修理することや、放置せずに、できるだけ早い段階で業者に任せることをおすすめします。