東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレの修理を自分で対応するか、業者に依頼するかの判断ポイントとは

トイレの修理を自分で対応するか、業者に依頼するかの判断ポイントとは

トイレトラブルは自分で対処する?業者に依頼する?

トイレのつまりが発生した時、自分で修理ができる場合と業者に依頼しなければ直らない場合があります。
自分で修理できるのであれば、修理費用を節約するために業者に依頼せず、自分で対処したいものです。
しかし、無理に修理をしようとするとつまったものが排水口の奥に進んでしまい、簡単に取り除けるものが大掛かりな修理作業になってしまうことも少なくありません。
大掛かりな修理作業になると、業者に依頼しなければならなくなり無駄な費用がかかることもあるため注意が必要です。
トイレのつまりが発生した時に、自分で修理するか業者に依頼するかの判断ポイントがあります。
スムーズにトイレのつまりを解消するために、判断するポイントを知っておきましょう。

自分で対処できない原因もある

判断するポイントは、排水口や排水管に水に溶けない異物が詰まっている場合や排水管が劣化している場合です。
排水管が劣化していると、水や汚物がスムーズに流れないため、トイレつまりの原因となってしまいます。
これらの原因でトイレがつまると自分で対処することができません。
無理に異物を取り除こうとしたり、放置するとトイレの汚水が逆流し床が水浸しになる可能性があります。
また、便器を壊してしまうこともあるでしょう。
このように、被害を拡大させないためにも、すぐに解消されないトイレのつまりや原因のわからないトラブルは業者に依頼することが大切です。
トイレットペーパーや水に溶けるトイレ用お掃除グッズが原因でトイレのつまりが発生した場合は、自分で対処することができます。
例えば、お湯を流すことです。
40〜60度のお湯を便器に流すと、つまっているものが溶けて解消されます。
熱湯を流すと便器を傷め、ヒビが入ることがあるため自分で対処する際は注意してください。
数回、お湯を流してもつまりが解消されない場合は業者に修理を依頼すると安心です。
異物がつまっている場合は、ラバーカップを使うと効果的です。
正しい方法でラバーカップを使うと、水圧でつまったものが流れていきます。
このような方法でもつまりが解消されない場合は、症状が悪化する前に業者に修理を依頼してください。