東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのよくあるお悩み、つまりの原因とは?

トイレのよくあるお悩み、つまりの原因とは?

トイレのつまりの原因は2つ

トイレのつまりに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
トイレのつまりが発生する原因を知っておきましょう。
主な原因は2つです。
ひとつは、大量にものを流した、異物を流してしまった場合です。
トイレットペーパーや水に溶けるお掃除グッズを大量に流してしまうと、便器や排水管でつまってしまいます。
水に溶けるからといって、一度に大量に流すのはやめましょう。
ティッシュは水に溶けるようにつくられていないため、トイレに流してはいけません。
また、生理用品やおむつなど、水の吸収性が高いものを流すと便器の中で水を含み、膨張します。
奥でつまると取り除くことが難しくなるため、誤って異物を流してしまったときはすぐに取り除かなければなりません。
ペットを飼っている人は、ペット用のトイレ砂をトイレに流すことがあるでしょう。
水に流せるトイレ砂も大量に流すとトイレのつまりを発生させる原因となります。
できるだけトイレには流さずに、家庭ごみとして処分してください。

節水しすぎないように注意しよう

食べ残しやスマホ、ボールペンなどが原因でトイレのつまりが発生することも少なくありません。
カップ麺など、食べ残しをトイレに流す人がいますが、食品には油が含まれています。
その油が排水管で固まると、トイレがつまってしまうのです。
スマホやボールペンなど胸ポケットに入れていたものをトイレに落としてしまうこともあるでしょう。
小さいものでも排水管に引っかかった状態でトイレットペーパーや排泄物を流すと、異物を絡んでつまりの原因となります。
小さいものでも異物は流さないように注意することが大切です。
原因の2つ目は、水の量が足りない場合です。
節水のためにタンク内にペットボトルを入れている人も多いでしょう。
また、洗浄水量を小に設定している人もいるはずです。
節水は大切なことですが、流す水の量が足りないと排泄物やトイレットペーパーが流れ切らずにトイレのつまりが発生し、無駄な修理費用がかかってしまうことがあります。
トイレは流すのに必要な水の分が設定されてつくられています。
過剰に水の量を減らさないようにしましょう。