東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのつまりが原因で起きる主な症状とは

トイレのつまりが原因で起きる主な症状とは

トイレのつまりの原因と症状

トイレのつまりは様々な原因があります。
その原因によって、症状も異なります。
トイレのつまりでよくみられる症状を知っておきましょう。
症状の1つは、水の流れがスムーズではないことです。
これまでしっかり水が流れ、トイレットペーパーや排泄物が流れていたのに、突然、水の流れが悪くなることがあります。
その原因は、排水口がつまっている、もしくはタンク内にトラブルが発生しています。
まずは、タンク内を確認してみてください。
節水のためにタンク内にペットボトルを入れている人もいるのではないでしょうか。
タンク内にペットボトルを入れることも水の流れを悪くする原因です。
ペットボトルを取り除いた時、タンク内の水面が水位線より低い場合は水が足りていない証拠です。
水量を調整すると水の流れが良くなるでしょう。
水位線が十分であれば、タンク内ではなく排水口に何かがつまっている可能性が高いです。

症状がみられたときは放置してはいけない

水が流れるけど水位が上がってくるといった症状もトイレのつまりが発生している可能性があります。
これは、排水口や排水管に異物などがつまっているかもしれません。
時間とともに水位が下がることもありますが、放置していると症状が悪化することがあります。
症状が悪化すると汚水が逆流し、床が汚れるなど被害が拡大するため放置してはいけません。
水が少なく、異臭がするという症状も排水口や排水管がつまっている可能性があります。
業者に修理依頼をしましょう。
また、水を流すとゴボゴボという音がする場合も注意が必要です。
異常がないこともありますが、排水管がつまっていることも少なくありません。
このような症状がみられたらトイレのつまりが発生している可能性があります。
また、完全につまってはいませんが、つまりやすい状態になっている可能性があるため、症状が悪化する前に業者に修理依頼をすることが大切です。
症状が悪化すると、簡単に解消できるつまりも大掛かりな修理をしなければならなくなることも少なくありません。
大掛かりになればその分、修理費用も高くなります。
症状がみられたらできるだけ早い段階で、修理を依頼することをおすすめします。