東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > トイレがつまる意外な原因とは

トイレがつまる意外な原因とは

トイレをつまらせる異物

トイレのつまりは様々な原因で発生します。
つまりが悪化し、使用できないほどトイレがつまると日常生活に影響を与えるため、トイレに流してはいけないものについて知っておきましょう。
意外なものがトイレのつまりを発生させることがあります。
例えば、お箸やボールペンなどの細長いものです。
細長いものが排水路に引っかかると、トイレットペーパーが堆積してしまうため、トイレのつまりが発生します。
胸ポケットにボールペンを挿している人は、注意しなければなりません。
薄いカードも注意が必要です。
テレホンカードのようなプラスチック製の薄いカードは、折れ曲がって管を塞いでしまい、トイレのつまりを発生させます。
他には、ティッシュペーパーや紙おむつ、ペット用トイレの砂もトイレのつまりを発生させます。
身の回りにあるものが意外なきっかけでつまりの原因となるため、便器に異物を落とさないように注意することが大切です。

異物を流さないようにしよう

近年、トイレにスマホを落としてしまう人が増えています。
スマホであれば拾い上げますが、捨ててもいいものであれば流してしまうものです。
例えば、芳香剤のふたです。
誤って芳香剤のふたが便器に落ちてしまった時、そのまま流してしまう人も少なくありません。
トイレをつまらせる原因となるため、便器の近くに芳香剤を置いている場合は注意しましょう。
異物だけでなく、排泄物そのものがつまりの原因となることもあるようです。
トイレは排泄物を流す設備ですが、トイレがつまる原因の中で最も多い原因は排泄物とトイレットペーパーのセットなのです。
しかし、排泄物とトイレットペーパーが原因でつまった場合は深刻な問題にはなりません。
バケツで水を流す、ラバーカップ、お湯を流すなどをすると改善することが多いです。
深刻なつまりは排泄物以外のものが多いため、トイレに異物を流さないようにしましょう。
トイレがつまった時は、悪化する前に修理を依頼することをおすすめします。
自分で解消することができないつまりも、プロの業者であれば解消することが可能です。