東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > 水が出てきたエアコンの原因と対処法について

水が出てきたエアコンの原因と対処法について

エアコンから水漏れ

エアコンから突然、水が出てきたときに焦る人も少なくありませんが、原因や対処法について知っておくと、冷静に対処することができるでしょう。
エアコンから水が出るトラブルは自分で解決できるケースもありますが、業者に修理を依頼しなければ直らない場合があります。
原因を見極め、自分で対処できないトラブルは、できるだけ早く業者に修理を依頼することが大切です。
エアコンから水が出る原因の一つが、温度差です。
エアコンは空気中の熱を外に追い出して部屋を涼しくします。
熱交換器が室内と室外に設置されており、それをつなぐパイプの中を暖かい空気と冷たい空気が移動するため、その温度差によって水が発生するのです。
通常は、水漏れしませんがエアコンなどに不具合が発生しているときは、エアコンから水が漏れてきます。

エアコンから水が出る主な原因

エアコンから水漏れが発生する原因は、エアコン本体に原因があるケース、ドレン配管に原因があるケースがあります。
エアコン本体に原因があるケースとは、フィルターや熱交換器、クロスフローファンが汚れで詰まることや、古くなって故障している場合です。
フィルターの奥にあるアルミフィンという部品が故障していても、水漏れが発生します。
故障している場合は、新しいものと交換しなければなりません。
ドレン配管に原因があるケースでは、ドレン配管の中の水が逆流している可能性があります。
ドレン配管は、エアコン内部の水を外に排出するという重要な役割を持っている管ですが、とても細いためホコリやゴミが詰まりやすいです。
ゴミやホコリなどの汚れを取り除くと、水漏れを対処することができるでしょう。
他にも、エアコンが傾いていることや、雨水が入っていると水漏れが発生します。
水漏れが起こると風量が弱くなり、異臭が発生するため、できるだけ早く対処してください。
エアコンの内部やドレン配管の掃除をすると、水漏れが解消できる場合もありますが、機種によっては高い位置に設置されているエアコンもあり、危険を伴います。
そのような場合は、自分で無理やり対処せず、業者に依頼することをお勧めします。