東京・埼玉・神奈川・千葉でトイレのつまり、水漏れ修理なら水道修理センターにおまかせ

トップページ > 水のトラブルについて > エアコン水漏れのよくある原因とは

エアコン水漏れのよくある原因とは

エアコンから水が垂れてくるトラブル

エアコンのトラブルの一つに水漏れがあります。
エアコンから水漏れが発生する原因の8割はドレンホース関連です。
ドレンホースは、エアコン室内機で発生した水分を室外に排出させるためのホースですが、何らかの原因で正常に水が流れないとエアコンから水漏れが発生します。
例えば、トレンホースのつまりです。
エアコン室内機からはドレン水と一緒に部屋のホコリや汚れが排出されますが、ドレンホースのどこかでつまると水の流れがせき止められ、逆流します。
ドレンホースの先端が波打ちしていることや、跳ね上がっていると水が流れにくくなり、ホコリや汚れが溜まりやすくなってしまうため、確認して見てください。
ドレンホースのつまりを解消するためには、ドレン用サクションポンプを使うことや、掃除機を使います。
それぞれの対処法について知っておきましょう。

ドレンホースのつまりを解消する方法

ドレン用サクションポンプを使う場合は、ドレンホース先端にポンプの先端を密着させてハンドルを押したり、引いたりしてつまりを除去しますが、初めて使用する場合は上手くいかない可能性があるため、業者に依頼しましょう。
掃除機で水漏れを対処する時は、掃除機とドレンホースの間にタオルを1枚挟んで吸引します。
しかし、ドレンホースが劣化していることや亀裂がある場合は、掃除機で上手く吸い込むことができません。
新しいドレンホースに交換する必要があります。
ドレンホースのつまりが解消されても、ドレンホースそのものに問題がある場合は、水トラブルが繰り返し発生してしまうでしょう。
水がスムーズに流れるようにドレンホースをまっすぐ伸ばし、全く伸びないようであれば先端が地面から5cm〜10cmほど開くようにカッターなどで切る必要があります。
地面と密着しているとホコリや汚れだけでなく虫なども侵入する可能性があるからです。
それでもエアコンの水漏れが改善されない場合は、ドレンホースが逆勾配している可能性が考えられます。
壁の中で逆勾配に持ち上がっていることや、配管が左だし、左後出し、左下出しの場合は勾配が取りにくく、逆勾配になりやすいです。
他にも様々な原因でエアコンから水漏れが発生します。
適切に対処するためにも、業者に原因を探ってもらいましょう。